若者の新型コロナ重症化例が増加 軽い風邪程度だった米女子大生は回復後に心臓発作

その女性は、周囲に「味覚・嗅覚に異常があるけれど、呼吸器症状は軽い咳程度で熱もない」と話していた。

社会

2020/12/27 05:30

学生・コロナ対策
(Chaay_Tee/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルスの感染拡大にまったく歯止めがかからず、欧米諸国では人口の多い都市を中心に、再びのロックダウンを余儀なくされている。現在の大流行の特徴は”若い”感染者たちの重症化。その後の人生の長きにわたり、観察が必要になる例が後を絶たないという。

米国では、『The Philadelphia Inquirer』『Union Democrat』などが報じた一例が波紋を広げている。



 

■「軽く済んだと思っていた」

米国・ペンシルベニア州のフィラデルフィア市の病院で今月2日、新型コロナウイルスに感染し、すっかり回復したと思われていた20歳の女性が、心臓発作のような症状を訴えて倒れた。

普段から健康状態には全く問題がなく、10月下旬に新型コロナの感染が判明した際も、周囲には「軽く済んだ」と話していた。家族も友人も、誰ひとりこのような悲劇的な展開を予想していなかったという。


関連記事:「勃たなくなった」「早く果てる」 新型コロナ感染後に男性機能不全の訴えが増加中

 

■軽い咳と味覚・嗅覚の異常

女性はマディー・ネヴィルさん。新型コロナウイルスには、大学の友人から感染したと考えられた。熱はなく、軽い咳と味覚・嗅覚の喪失に気付いたため検査を受け、陽性が判明したのだった。

その後、マディーさんはすっかり回復し、11月下旬には同州ゴールズボロにある実家へ。家族と共に感謝祭を過ごした。

マディーさんは、じつはその頃から胸の痛み、悪寒や発熱を感じるようになっていたが、それがまさか新型コロナウイルスの後遺症だとは思わなかったという。

次ページ
■心臓のポンプ機能が低下

この記事の画像(1枚)