小学校で保護者が壮絶な夫婦喧嘩 教師の前で妻を殴った男に実刑判決

攻撃的かつ異常な態度ゆえに家族に嫌われていた男が、子供の小学校に出没。慌てて駆け付けた妻と激突した。

社会

2020/12/27 07:30

小学校
(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

妻と別居中の男が、子供たちの学校へ。そこで顔を合わせた妻に批判された男は逆上し、妻を拳で力任せに殴りつけた。この暴力男がこのほどようやく有罪を認めたことを、『The Straits Times』などが報じている。



 

■最低男の呆れた行動

シンガポールで暮らす40代の男には、妻、12歳の息子、そして9歳の娘がいた。気性が荒く、2017年の夏には突然キレて娘に掴みかかり、「アパートの10階から投げ落としてやる」と騒ぎ、家族を驚かせた。

そんなこともあり妻には愛想を尽かされ、別居状態に。妻は男と縁を切りたいと望み、離婚成立に向けて手続きを始めた。


関連記事:別居中の妻に復縁を断られたDV男 なついていた実子2人を殺傷し逮捕

 

■小学校に出没

男は子供たちには未練があったらしく、「小学校に行けば会えるだろう」と考え、昨年7月に学校を訪問した。それに気づき震え上がった娘は、スクールカウンセラーのもとに急ぎ「お父さんには会いたくありません」と相談。

それを聞いた教頭が男の妻に連絡し事情を説明したところ、妻は「子供たちには絶対に会わせないで!」と懇願し、小学校に駆け付けた。

次ページ
■妻の側頭部に一撃

この記事の画像(1枚)