オリエンタルラジオ、吉本興業を退所 「2人の意向を最大限尊重」

吉本興業は、オリエンタルラジオとのマネジメント契約を終了することを発表。

オリエンタルラジオ・藤森慎吾・中田敦彦

28日、吉本興業は、オリエンタルラジオの中田敦彦、藤森慎吾と2020年12月31日をもってマネジメント契約を終了することを報告した。



 

■「応援してまいる所存です」

マネジメント契約終了の件について、吉本興業はコメントを発表。「当社と中田、藤森は、マネジメントの方針について話合いを続けてまいりましたが、自ら確立した方針にて活動していきたいという2人の意向を最大限尊重し、この度、合意によりマネジメント契約を終了することとなりました」と説明している。

また、契約終了後も「2人の新しい環境での活躍を応援してまいる所存です」とした同事務所。最後には「ファンの皆様、関係各位におかれましては、引き続きオリエンタルラジオへのご支援を賜りますようお願い申し上げます」とつづった。


関連記事:カジサック、吉本興業の「宮迫博之に対する圧力疑惑」の真実明かす

 

■ますますの活躍に期待

オリエンタルラジオの退所を受け、SNSには「オリエンタルラジオ、吉本を離れるのか…」と衝撃を受ける人が続出。

しかし、2人はそれぞれYouTubeチャンネルを開設し、人気を確立していることもあり「オリラジさんなら絶対うまくやっていくだろうな」「頑張って下さい」「これからも楽しみ」と、ますますの活躍を期待するファンも多く見られた。

・合わせて読みたい→たむらけんじ、吉本とエージェント契約 仕事の窓口になる人物に注目の声

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

オリエンタルラジオ藤森慎吾吉本興業中田敦彦退所契約終了
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング