「レシピに困ったらこのチャンネル見よう」 料理家・栗原心平がYouTubeで目指す場所

料理家・栗原心平氏の忘年会企画の撮影現場に突撃。インタビューを行いYouTubeでの活動について話を聞いてきた。

インタビュー

2020/12/29 20:00

栗原心平

28日、料理家の栗原心平氏が自身の公式YouTubeチャンネル『ごちそうさまチャンネル』にて、生配信をしつつ視聴者とともにお酒を飲みながら料理を作る企画「年末忘年会 料理ライブ配信」を実施。

しらべぇ編集部はその撮影現場に駆けつけ、忘年会を終えたばかりのほろ酔いの栗原氏に今回のイベントやYouTubeチャンネルの展望について聞いてきた。


画像をもっと見る

 

■母・はるみさんもサプライズ登場

栗原心平

イベント名で「忘年会」と銘打っているだけあり、お酒をしっかりと楽しんでいた栗原氏。心なしか表情も朗らかだ。

———一年を締めくくる最高の忘年会だったと思います。酔いのほうはいかがでしょうか。

栗原:いえいえ、酔いはそこまでですよ! でも、確かにいい忘年会になりましたね。


栗原心平

———配信の冒頭にはレジェンド料理家であるお母様・はるみさんもお祝いに駆けつけてくれましたが、今後チャンネルに出演してくれるといったことはあるのでしょうか。

栗原:あれは、配信前に会った時に「私、今度出てもいいわよ」って言ってくれたので、「じゃあ今出たら?」ってことでサプライズ的な登場だったんです。


ただ、母はYouTubeとかに慣れていないので、出演しても少しやりづらくなってしまうんじゃないかな…。いつかは動画に出てくれるかもしれませんが。


関連記事:国分太一、料理番組12年でようやく本格料理宣言 きっかけは心境の変化?

 

■高級店の味を簡単に

———今回は「れんこんねぎ餅」「長いも鶏だんごのからしじょうゆ煮」「ブリ刺し ゆずおろし大根」「いつもの豚しゃぶ ねりねりごまにんにく」の4品を作りましたが、どれも本当においしそうでした。これらのメニューを選んだ理由はあったりしますでしょうか。

栗原:仕上がった時にバランスがいいように意識しつつ、でも視聴者の方もこのどれか一品を選んで作っていただく企画でしたので、手間はかけたくないなぁみたいなことも考えましたね。


栗原心平

———なるほど。ちなみに過去の動画で「新しいメニューの発見は『地方のキノコ専門化などから意見を聞く』等の様々な刺激がきっかけになることが多い」とおっしゃられていましたが、今回の4品の中で特にひらめきがあったのはどのメニューになりますでしょうか。

栗原:そうですね…例えば今回のしゃぶしゃぶのたれは、超高級しゃぶしゃぶ店のたれから刺激をもらってますね。そのお店は隠し味でにんにくと腐乳(豆腐に麹をつけて発酵させたもの)が入っているんですけど、普通のご家庭に腐乳は置いてないですよね。


なので、それを簡易的に作りたいなと思ってできたのがアレなんです。厳密には違うけど、満足値が同等くらいになるのが僕はいいレシピだと思っています。


こだわりの詰まったおいしい料理なだけに忘年会は大好評。そこで新年会の配信があるのかを尋ねると…。

栗原:なるほど…新年会、新年会かぁ…。いろいろな準備が間に合わないと思うので新年会は難しいかもしれませんが、またこういったイベントごとは積極的にやっていきたいですね。

次ページ
■「ファンとの距離感は縮まった」

この記事の画像(9枚)