コロナ禍で入籍した夫婦 「結婚式よりやりたかったこと」があった

全国に緊急事態宣言が発出されていた中での入籍となったご夫婦を取材。コロナ禍での結婚で困ったことや、生活が豊かになった神アイテムとは…?

話題

2020/12/31 14:30

若い夫婦
(Milatas/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

新型ウイルスの世界的な感染拡大により、人々の生活が一変した2020年。しらべぇ編集部では、そんな激動の2020年に、「結婚」という人生の大きな節目を迎えた夫婦を取材した。



 

■緊急事態宣言下での入籍

しらべぇ編集部の取材に応じたA子さん夫婦(ともに20代)は、全国に緊急事態宣言が発出されていた5月上旬に入籍。すでに同棲していて、入籍日も以前から決めて動いていたため、予定していた日取りでの入籍となったという。

しかし、世界中が“緊急事態”となっている中、「結婚を報告するタイミングにはかなり気をつかいました」とA子さん。「SNSで皆に報告したかったのですが、当時は自粛ムードがすごくて…。親族とごく親しい人にだけ伝えて、公に報告したのは入籍から数ヶ月経ってからになりました」。


関連記事:南明奈、濱口優との結婚式1周年を報告 「まだ一周年とは意外」「憧れの夫婦」

 

■式よりも重視していた「新婚旅行」

そしてA子さんが「最も残念だった」と語るのが、新婚旅行だ。「元々式は挙げない予定で、その分新婚旅行は奮発しようって話していて。コロナがなければ、海外へ行く予定でした」。

夢の海外新婚旅行を叶えるために、コロナの終息を待つ…という方法も考えられたが、A子さんの夫はまとまった休みを取ることが難しく、「慶弔休暇」を取得する都合もあり、「GoToトラベルキャンペーン」が開始されたタイミングで新婚旅行へ行くことに。

ここでも感染リスクを極力抑えるため、「県内の観光スポットに1泊だけ」と、当初の予定よりかなり質素な旅となったが、夫婦にとって特別な時間となったようだ。

次ページ
■ネット上でも同様の声が…

この記事の画像(2枚)