『紅白』瑛人、NHKで“ドルチェ&ガッバーナ” はっきり歌いきり大反響

『紅白歌合戦』で瑛人が大ヒット曲『香水』を披露。商品名ドルチェ&ガッバーナが登場する歌詞をそのまま歌って話題に。

テレビ

2020/12/31 21:25


 

■いつも通り「香水のせい」に

しかし、瑛人は歌詞を変えることなく、いつも通り歌唱。無事に、『ドルチェ&ガッバーナの その香水せい』となった。

その結果、歌唱後にはツイッター上で「許してくれたNHK、懐深い」「ドルチェ&ガッバーナ歌えたんだ」「ドルチェ&ガッバーナ言った!」と、驚きと感動の声が続出。


関連記事:瑛人、大ヒット中の『香水』誕生秘話を明かす 「ドルガバの香水」の意外な持ち主は…

 

■NHKも時代に合わせて変化?

もっとも、瑛人は9月10日にすでに『香水』を同局系音楽番組である『シブヤノオト』にて歌唱済み。「あくまでも作品の一部であり、広告・宣伝目的にはあたらない」という理由から、そのままの歌詞での歌唱となった。

また、この手の事件の際に持ち出されるエピソード「かぐや姫は『クレパス』を『クレヨン』と言い換えるように指示され、内定していたにも関わらず辞退した」のはすでに47年前、「最終的に紅白ではそのまま歌われたものの、『プレイバックPart2』の歌詞にあった『ポルシェ』が、別の音楽番組では『クルマ』に替えて歌うことになった」のも42年前の出来事だ。

持ち出す例としては、さすがに古くなっている印象が拭えず、またそもそも『香水』には冒頭にLINEというフレーズが登場する。もしドルガバがダメだったとしても、歌詞の順番的にはこちらが先に議論の対象になっていたのではないだろうか。

・合わせて読みたい→アンジャ児嶋、歌ってみた動画に大反響 「斬新」「センス最高」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太