粗品、『アメトーク』ひな壇から落ちるハプニング スタジオからは「危ない!」

『アメトーーク』では人気企画「ビビり1GP」を再放送。粗品のリアクションが話題になっている。

エンタメ

2020/12/31 01:45

霜降り明星・粗品

30日放送の『アメトーーク』(テレビ朝日系)に、大人気コンビ・霜降り明星が出演。粗品を襲ったハプニングが、ネット上で話題になっている。



 

■奇声を発する粗品

今回の放送は、年末恒例の5時間SP。番組出演回数の多い芸人が集い、過去の反響のあった放送を振り返った。中でも注目が集まったのは、人気企画「ビビり1GP」。

空気砲や回転扉、ヘビのおもちゃ、電流くす玉、とギミック多数の部屋に閉じ込められた粗品が「きゃー」と奇声を発する映像が流されると、スタジオからは爆笑が上がっていた。


関連記事:霜降り・粗品、実家の焼肉屋にファン殺到で悲鳴 「絶対に来ないで」

 

■虫のおもちゃが投げ込まれ…

VTR明け、改めて感想を尋ねられた粗品が話し出すと、突然大きなラッパの音が響く。番組が仕掛けたもののようだが、これに粗品はすぐに立ち上がり、両脇のアクリル板を掴みながら動揺した様子を見せる。

さらに番組のイタズラはつづき、今度は虫のおもちゃが投げ込まれると「ぎゃー」と叫びながら地団駄を踏み、最後、駄目押しのラッパ音が響くと、ついにひな壇から落ちてしまうのだった。

次ページ
■「危ない危ない」