『紅白』LiSA、鬼滅メドレーで煉獄さんと2ショット 「泣ける…」

『紅白』歌手のLiSAが2度目となる出場。映画内のシーンを使用した演出が話題に。

テレビ

2020/12/31 23:25

LiSA・NHK紅白歌合戦2020限定

歌手のLiSAが31日放送の『第71回NHK紅白歌合戦』(NHK)に出場。『鬼滅の刃』の特別映像とシンクロするかのような演出が話題になった。



 

■『鬼滅の刃』メドレーを披露

この日、LiSAはアニメ『鬼滅の刃』紅白SPメドレーを披露。

2019年の初出場時にも披露した『紅蓮華』を1曲目に、日本の歴代興行収入記録を塗り替えた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌『炎(ほむら)』を2曲目に歌った。


関連記事:大和田伸也、衝撃的な“煉獄さん”コスプレに予想外の反響 「高い芸術性」

 

■バックスクリーン演出に反響

視聴者の注目がとくに集まったのは、2曲目の『炎』。劇場版でフィーチャーされた炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)の「胸を張って生きろ」「心を燃やせ」というセリフから曲が始まり、その後、バックスクリーンではアニメーション映像が流れたのだ。

劇場版映画の見どころを抜粋しつつ、歌詞や楽曲の盛り上がりに合わせた映像で、ラスサビでは煉獄と猗窩座(あかざ)の戦闘シーンがメインに。また、LiSAと煉獄が並んでいるように見える瞬間もあり、ファンにとっても非常に見応えのある演出となった。


■「泣きそう」「反則でしょう…」

今回の演出に対し、ツイッターでは「煉獄さんの映像流れて泣きそうになった」「煉獄さんとLiSAさんのツーショットめっちゃ感動した」「LiSAさんよかった…感動した煉…獄さん…」「煉獄さんのセリフからの炎はあかん。反則でしょう…」「紅白見て泣くとは思わなかった。煉獄さん」など、胸がアツくなったというファンからの声が多数。

日本の歴代興収の新記録を樹立し、なおも記録を伸ばし続けている劇場版『鬼滅の刃』。今回の『紅白』が、さらなる後押しとなる可能性もありそうだ。

・合わせて読みたい→『鬼滅の刃』劇場版主題歌のジャケット公開 「通常盤」のデザインにファン感動

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太