『おもしろ荘』優勝のダイヤモンド、不幸話が悲しすぎた 「頼んだポテトをギャルが…」

21年の『おもしろ荘』はダイヤモンドが優勝したが…

テレビ

2021/01/01 10:00

多くのブレーク芸人を排出していた若手芸人の登竜門『ぐるナイ おもしろ荘!!』(日本テレビ系)が31日深夜、元日に放送。若手コンビ・ダイヤモンドが優勝を果たしたが、そこで明かされた不幸話に注目が集まっている。



 

◼846組から選出

オーデイションに参加した846組から選出された10組がネタを披露していくなか、出演陣・スタジオを盛り上げたのがダイヤモンドだった。

ダイヤモンドはゼブラ柄のスーツに身を包んだロン毛の野澤輸出と普通の男・小野竜輔のコンビ。この日は、店ごとに異なるコーヒーのサイズ名を、身体で表現するネタを披露した。


関連記事:ロンブー田村亮、将来が不安な10代にリアルすぎる回答 「眠れない夜を乗り越えた」

 

◼野澤の不幸話

ネタ終わりのトークコーナーで、進行役のナインティナイン・矢部浩之が「野澤くんは不幸なことばかり起こるの?」と言及。野澤が不幸話を語る展開に。

「この前も、ファーストフードの宅配を生意気にも頼んだ」野澤。そろそろ着いたかなと部屋の窓から外を覗くと、「配達員が自分のポテトを食べている」瞬間を目撃してしまう。そのまま商品を届けられたが、「スゴいギャルだったんで何も言えなかった」と嘆いた。

次ページ
◼高校時代も…