滝で自撮り中に滑落した男性が脳損傷 コロナ禍の救出活動は報われず死亡

大好きな自然を満喫し、写真撮影を楽しみたい。そう考え滝に向かった20代の男性が、現場で滑落死した。

2021/01/02 05:00

滝で撮影
(Everste/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

美しい滝を見に行き、自撮りを楽しんでいた男性。しかし滑落事故を起こし死亡したことを、『New York Post』などが報じている。まだ20代前半。これからという時に起きた、まさかの事故だった。



 

■滝を訪問した男性

ブラジルで暮らしていた男性(22)が、12月19日に友人たちと一緒にある滝を訪問した。高さ約10メートルの場所に立ち美しい風景を楽しんだ男性は、さっそくセルフィー撮影を開始。しかし滝付近は濡れており危険な状態で、男性もある瞬間に足を滑らせ岩場に落下した。

その衝撃はすさまじく、頭を岩に叩きつけられた男性は意識不明に。慌てて岩場に下りた友人らは、必死に手当しながら救助を要請した。それを受け救助隊はさっそく現場を目指したが、滝にたどり着くのは至難の業だった。


関連記事:女性2名が滝から転落死 足を滑らせた親友を助けようとして…

 

■救助隊の苦労

滝がある場所は遠く、しかも自然のど真ん中とあって簡単にはたどり着けない。

それでもどうにか現場に到着した救助隊だが、その後は滑らないよう慎重に岩場に降りる必要があった。それに成功した救助隊は、マスクをつけたまま男性の状態を確認。処置を施し、救急車の乗り入れが可能な場所まで男性を引き上げた。

まさに命がけで救助活動を行ったものの、男性の状態は極めて悪く、声をかけても反応すらなかった。

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

次ページ
■男性の死
自撮り事故死亡搬送昏睡滑落コロナ禍脳損傷救助隊
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング