飼い犬のしつけをめぐって大喧嘩 60代父親と30代息子が共に死亡

気性の荒いピットブルを飼っていたその家庭。突然襲われたのは、それを知らない6歳の子供だった。

社会

2021/01/02 08:30

親子喧嘩
(T Turovska/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

飼い犬の問題をめぐり、殺し合いの喧嘩をしてしまった親子。それぞれに、あまりにも短気で短絡的だったようだ。珍しい話題を、米国のメディア『Fox10 News』『The Kansascity Star』 などが伝えている。



 

 

■挙句の果てに双方が死亡

米国・アラバマ州のワシントン郡で12月19日、60歳の父親と32歳の息子が大喧嘩を繰り広げ、挙句の果てに双方が死亡するという事件が起きた。

喧嘩の原因は、父親のジェームズ・コーカーが飼っていたピットブルの攻撃性や、しつけの悪さにあった。


関連記事:父親と息子の喧嘩が過熱し両者が死亡 聴覚障害を持つ母が就寝中に…

 

■「父は激怒するだろう」

ジェームズの息子ニコラスはその日、父親の飼い犬であるピットブルが、自分が交際している女性の6歳の子供に襲い掛かったことを知り、激怒した。

ニコラスはショットガンを手に、父親の留守中にその犬を射殺。その場にいた兄に「お父さんがこれを見たら、ただじゃ済まない」と言われて口論になり、毒づきながら現場を去っていた。

次ページ
■腹を撃たれ首に向け発砲か

この記事の画像(1枚)