女子学生バラバラ殺人で有名教授に懲役12年 「入学から5年、狂おしいほど愛してた」

40歳も年の離れた女子学生を、愛人にしていた著名な歴史研究家の大学教授。彼女との初めての口論で人格が豹変し、両者の人生を破滅させてしまった。

社会

2021/01/02 16:30

教師と生徒
(Biserka Stojanovic/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

大学内で時おり確認されることがある、男性教授と女子学生の密かなる恋愛。問題は、関係にトラブルが生じたときだ。ロシアの有名大学で起きた陰惨な女子学生バラバラ殺人事件とその後について、英国のメディア『The Sun』ほかが報じている。



 

 

■恋人の頭部と四肢を切断

2019年11月、ロシアの名門サンクトペテルブルク大学に通う女子大学院生のアナスタシア・イェシュチェンコさん(当時24歳)が、突然行方不明になった。

その9週間後、近くのモイカ川で彼女の脚が見つかり、警察は殺人事件とみて捜査を開始。彼女の遺体の一部と犯行に使用した拳銃をバッグに詰め、同じ川に遺棄しようとしていた同大学のオレグ・ソコロフ教授(64)を逮捕した。

教授のアパートの自室からは、アナスタシアさんの頭部や胴部、そして血まみれのノコギリも押収されたという。


関連記事:「顔が元夫にそっくりで腹が立つ」 息子を惨殺した20代母親に禁錮65年の実刑

 

■歴史研究家としてテレビ出演も

大学ではナポレオン戦争を中心に西洋史を教え、ロシア軍事史協会の会長も務めていたソコロフ被告は、歴史の解説者としてテレビ番組にもたびたび登場。ロシアでは著名な歴史研究家として鳴らしていた。

このほどその刑事裁判が結審し、殺人、死体損壊および遺棄などの罪に問われていた同被告には、懲役12年6ヶ月の実刑判決が言い渡された。検察側の求刑は15年だったという。

次ページ
■「彼女は私のすべてだった」

この記事の画像(2枚)