「置き配」を悪用した連続窃盗事件 別業者が置いた荷物を盗む配達員を逮捕

気軽でよいと評判のサービスにも、「いつかはこのような盗難事件が起きると思っていた」という声はあったようだ。

社会

2021/01/02 08:00

置き配
(cybrain/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

宅配の荷物は対面での手渡しが確実だが、コロナ禍においては玄関前に置いておく「置き配」という配達方法を希望する顧客が急増している。そんな中、起きているのが第三者による窃盗行為だ。

米国のある町で、思わぬ職業の人物が逮捕されたことを、『NEW YORK POST』などが報じている。



 

■警察が動画をSNSに公開

米国・ミズーリ州セントチャールズ郡で12月15日から17日にかけて、ウェンツビル地区を中心に、民家の玄関先に届けられていたはずの段ボールが、次々と盗まれるという事件が起きた。

警察は町の防犯カメラの映像をもとに、一連の事件は同じ犯人によるものと断定。15日のある犯行を捉えた動画をSNSに公開し、情報提供の協力を市民に呼び掛けた。


関連記事:アレクサンダー、Uber Eatsの配達員になる 「妻に悪さがバレて…」

 

■犯人は別の配達員

有力な情報が多数寄せられたことにより、警察はアリッサ・ジョージという22歳の女を逮捕。なんとAmazonの配達員で、リースの配達用トラックで堂々と犯行に及んでいた。

ジョージ容疑者は逮捕と同時にAmazon社を解雇されたが、運転していた男も共犯の疑いがあるとして、現在も警察の取り調べが続いている。

次ページ
■誰もがよく目にする光景

この記事の画像(2枚)