桐谷さんに将棋雑誌の廃棄迫る『月曜から夜ふかし』に批判 「酷すぎる」の声も

桐谷さんが所有する将棋雑誌を捨てるよう強行に迫った『月曜から夜ふかし』スタッフに疑問の声

2021/01/02 02:45

桐谷広人

1日放送の『月曜から夜ふかし 元日スペシャル』(日本テレビ系)で桐谷さんがコレクションした60年分の将棋雑誌を執拗に捨てるよう迫った番組スタッフに一部視聴者から疑問の声が上がった。



 

■部屋の片付けを行う

桐谷さんは散らかった部屋を綺麗にするため、お手伝いさんを雇うことにする。そしてその前に、スタッフとともに片付けを行うことに。物を捨てられない桐谷さんのために、スタッフが昔のレコードや本などを売りに出す。

そんな桐谷さんが「売りたい」と出したのが、山積みされた将棋関連の本。また、専門雑誌は、昭和20年に発売されたものから、全て保存していると話す。


関連記事:峯岸みなみ、桐谷美玲にまさかの変身 「これは見間違えますわ…」と驚愕の声

 

■専門業者が鑑定

桐谷さん宅に囲碁・将棋関連の本を取り扱う専門業者を呼び査定させると、中田功・現八段が書いた当時1,300円の「コーヤン流三間飛車の極意・急戦編」は3,000円の値が付く。

しかし買い取りできるのは41冊だそうで、別室に保存された大量の専門雑誌について業者の男性は「雑誌はもうダメなんですよね」と語り、買い取りを拒否。また希少価値を質問されると「正直あまり…」とコメントした。

次ページ
■スタッフが廃棄を迫る
雑誌将棋掃除月曜から夜ふかし桐谷さん価値憤り
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング