Krushガールズ・キャプテンのキャシー凛 「腰からおしりのSライン」は天性の魅力

ガールズ歴は今年で2年目。TikTok動画をSNSにアップしたり動画編集したりとSNS戦略も自ら挑戦している。

Krushガールズ
(©K-1)

暦の上ではまもなく「小寒」。一年で一番寒くなる時期の前半(後半は大寒)が近づいているが、格闘技の世界は熱い。今月23日には格闘技の聖地・後楽園ホールで『Krush.121』が、続く24日は代々木体育館で『K-1 WORLD GP』の新年初戦が開催される。

そこでしらべぇ取材班は、『Krushガールズ』6名の美女に直撃し、その魅力に迫った。インタビューのトリを飾るのは、キャプテンのキャシー凛(25)だ。


画像をもっと見る

 

■Krushガールズ2年目でキャプテンに

キャシー凛

先月25歳になったばかりのキャシーは、鳥取県出身。日本とウクライナのハーフで、身長165cm、B88・W59・H89の恵まれたボディが魅力だ。メンバーの犬嶋英沙と同じく昨年からKrushガールズに所属しており、今年はキャプテンも務めている。

人気ドラマや雑誌など、活動の幅も広い。


関連記事:フィットネス大会でも活躍するKrushガールズ・小林愛梨 「女子の試合にも注目」

 

■一体感がKrushの魅力

キャシー凛

トップリーグであるK-1 WORLD GPは、会場が広く有名な選手もたくさん出場する。「それはそれで盛り上がって楽しいけれど、Krushの良さは、後楽園ホールという、より凝縮された会場にある」と語るキャシー。

「試合の距離がすごく近くて、迫力が感じられます。自分だけ盛り上がるというより、会場全体で一緒になって試合を体感・感動できる。とくにタイトルマッチだと全体的にお客さんと選手が一体となれますね」とのことだ。

次ページ
■タイトルマッチに注目

この記事の画像(11枚)