警察の誤認逮捕に女性が激怒 2億円超の損害賠償金が支払われた理由

誤認逮捕の被害者は、場所、時間帯や状況にもよるが、名誉棄損ほか予期せぬ甚大な被害を受けてしまう。

社会

2021/01/03 14:30

逮捕される女性
(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

時おり起きてしまう、警察の誤認による不当な逮捕。それに苦しめられた被逮捕者に対する損害賠償金は、どれくらいの額が妥当なのか。米国・コロラド州でこのほど興味深い裁判が閉廷したことを、デンバーの『Denver Post』『FOX31 Denver KDVR』などが伝えた。



 

■マスターキーを使った警察官

米国・コロラド州のフレモント郡で2014年5月、郡保安官事務所の誤認により、ホームレス向けアパートに暮らしていたキャロリン・オニールさんという女性に対し、不当な逮捕があった。

アパートに現れた警察官3名は「あなたらしき女性が、このアパートで自傷行為を起こして暴れているとの通報が入った。事情を聴きたい」と説明。

何ら身に覚えのないオニールさんは「私は関係ない。入浴するところなので勘弁してほしい」と断ったが、彼らはアパートのマスターキーを使用し、押し入ってきたという。


関連記事:頻発する家政婦トラブル 逮捕の女は食べ物に尿・月経血を混ぜた容疑を否認

 

■保安官事務所は謝罪するも…

聴かれたことに正直に答えても、それを信用しない警察官。彼らに毒づいたオニールさんは、社会の秩序・風紀を乱す行為、および公務執行妨害の容疑で逮捕された。

しかしその後、逮捕すべき対象はオニールさんではなかったことが判明。保安官事務所は謝罪したが、オニールさんは納得せず裁判に持ち込んだ。

昨年の陪審裁判では「3億7,000万円の損害賠償金が妥当」との結論に至ったが、連邦裁判所の判事は「高額すぎる」としてそれを却下。日本円でおよそ2億5,000万円の損害賠償金を支払うことで、このほど最終的な合意に至ったという。

次ページ
■入浴直前だと告げたのに…

この記事の画像(1枚)