養育費を払っていた父親がコロナ禍で失業 我が子2人を殺害して自殺

お金の問題は、生きている限りつきまとう。だが、大切な人の命より大事なものはない。

社会

2021/01/03 16:30

落ち込む男
(yamasan/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

両親が離婚し、今年のクリスマスは父親の自宅で過ごすことになった10代の子供たち。だが父親は元妻との口論の後、我が子を殺害したうえで自殺した。ある家族に起きた悲劇を、オーストラリアの『7NEWS.com.au』やアメリカの『New York Post』が報じている。



 

 

■離婚とコロナ禍の失業

イタリア・ヴェネト州パドヴァ県のトレバゼーレゲで暮らすアレッサンドロ・ポンティン容疑者(49)は、職を転々とするなか、看護師として働く妻のロベルタ・カルザロットさん(47)と離婚。前職は大工、その後はマッサージ師として働いていたが、このコロナ禍で失業してしまった。

離婚後、ふたりの子供であるフランチェスカくん(15)とピエトロくん(13)は、両親の間を行ったりきたりしていたという。


関連記事:「息子は安らかに寝ているよ」 コロナ禍で将来を悲観した父親が実子殺害

 

■クリスマスに親子3人が死亡

そして今年のクリスマス休暇に、父アレッサンドロ容疑者の自宅で事件が起きた。子供たち2人が睡眠中にアレッサンドロ容疑者に襲われ、室内を逃げ回ったものの、ついに刃物で喉を切り裂かれたと報じられている。

現場は血の海と化し、さらにア容疑者もそこで自ら命を絶っていた。

次ページ
■養育費で揉めていた元夫婦

この記事の画像(1枚)