ずさんな豊尻術で中身が漏れ… 足の甲がコッペパンのようになった女性の悲劇

不自然に膨らませたバストやヒップ。それらは強い接触や越年で崩れていくことも稀にはあるというが…。

社会

2021/01/03 12:30

整形手術
(plprod/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

整形手術は、やはり豊富な実績で信頼を集めているクリニックでやってもらうのが一番だ。粗悪な材料を使った、医師免許も怪しい人物による、格安な施術ほど怖いものはない。そんなニュースを英国のメディア『The Sun』などが報じている。



 

 

■コッペパンのような足の甲

ブラジル・ゴイアス州のアパレシダ・ジ・ゴイアニア市にある緊急医療センターに、このほど運ばれてきたルアラ・ブティエリス・ヌネス・コエーリョさん(31)。介護福祉士の仕事を愛するトランスジェンダーだ。

ルアラさんは数ヶ月前から脚がむくむようになり、足の甲が大きなコッペパンのごとく赤茶色に腫れあがり、ついに歩けないほどの激痛に見舞われたという。


関連記事:話題沸騰のビタミン注射後に男性歌手が急逝 嘔吐と脚の激痛を訴える

 

■10年経過で起きた異変

医師に「10年前、格安の豊尻術を受けていた」と話したルアラさん。年月の経過で中身が漏れ出し、尻が扁平になるにつれ脚が腫れあがっていったことを説明した。

モルヒネが投与され、医師の適切な処置により現在は少しずつ回復しているが、「もう少し放置していたら足の組織が壊死し、切断を余儀なくされるところだった」と告げられたという。

臀部に注入されていたのは工業用シリコン。それはルアラさんの体内に散らばり、しこりを形成しているため、MRI検査を経て治療はしばらく続く模様だ。

次ページ
■違法施術はその後が怖い

この記事の画像(2枚)