10代女性の半数が新型コロナへの危機感薄れる 「若いから大丈夫」と油断も

新型コロナウイルスの流行で、多くの人が警戒心を持っているはずだ。しかし中には、だんだんと危機感が薄れている人も。

ライフ

2021/01/04 09:00

新型コロナウイルスの流行は、終わりが見えない状況である。あまりに長引いているため、危機感が薄れている人もいるようだ。


画像をもっと見る

 

■4割が「新型コロナへの危機感が薄れる」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の36.6%が「新型コロナウイルスへの危機感が薄れている」と回答した。

正直、新型コロナウイルスへの危機感が薄れているグラフ


関連記事:8割の女性が「コロナ前より衛生面を気にする」 無神経な人でさえも…

 

■自分は若いので大丈夫

性年代別では、10代女性が一番高い割合になっている。

正直、新型コロナウイルスへの危機感が薄れている性年代別グラフ

緊急事態宣言のときよりは、気持ちが緩んでいるという人も。

「緊急事態宣言のときには外出自粛もして、かなりの警戒感があった。ただ一時期は落ち着いていたので、そこで気持ちが緩んでしまっている気がする」(10代・女性)


また「自分は若いので大丈夫」だと、考えている人もいるようだ。

「コロナが流行し始めたときには、どのような病気かわからなくて怖かった。ただ若い世代は重症化のリスクが少ないと聞いて、『自分は大丈夫』と思うときもある」(10代・女性)

次ページ
■感染者増加で危機感が

この記事の画像(3枚)