『ゴゴスマ』東国原英夫、緊急事態宣言は「的を絞るんじゃないかな」

1都3県が緊急事態宣言の発令を政府に要請。この効果について東国原英夫氏が持論を展開した。

テレビ

2021/01/04 19:45

東国原英夫・そのまんま東
(写真提供:JP News)

4日放送の『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)では、1都3県が政府に緊急事態宣言の発令を要請したことについて特集。元宮崎県知事・東国原英夫氏が緊急事態宣言を発令した際の効果について、持論を展開した。



 

■1都3県が緊急事態宣言の発令要請

首都圏で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の各知事が2日に西村康稔経済再生担当大臣と面会を行ない、政府へ緊急事態宣言の発令を速やかに検討するよう要請した。

これに対し、菅義偉首相は4日、緊急事態宣言の再発令の検討に入ると明言。飲食の場を中心に感染拡大が起きていると説明し、「限定的に集中的に行うことが効果的だ」とした。


関連記事:コロナ感染者急増で意見が分かれる緊急事態宣言 その評価を聞くと…

 

■東国原氏が持論

東国原氏は「4月の緊急事態宣言もまだ明確に検証が済んでいないんですよ、どういう効果があったって。特措法の改正も遅いし、後手後手に回っている」と指摘。これまでのクラスター発生等の結果を受け、「飲食店街がクラスターが起きやすい。飲食店業種に的を絞るんじゃないかな」ともコメント。

続けて、「それで6割から7割くらいは減らせるのが可能なんじゃないかと思いますよ。国もそう計算してると思う」と持論を展開した。

次ページ
■専門家も共感