箱根駅伝で青学選手がつけていたネックレスが話題 人気の秘密をメーカーに直撃

青学選手が箱根駅伝で同じネックレスをしていた訳とは。その人気の秘密とは…

話題

2021/01/05 14:00

箱根駅伝2021・青山学院大学

最終10区で駒澤大学が大逆転勝利を収めた第97回箱根駅伝。平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は2日の往路が31.0%、3日の復路が33.7%で往路、復路ともに歴代最高を更新した。

ファンからは「箱根ロス」のため息も聞かれる中、青山学院大学の選手がレース中につけていたネックレスが話題を呼んでいる。


画像をもっと見る

 

■「もしかして付き合っているの!?」

青学の9区と10区の選手が同じデザインのネックレスをつけていため、SNS上では「付き合っているのか!?と思いドキドキした」という声もあがった。

コラントッテ青学モデル
(写真提供:コラントッテ)

このネックレスは、磁気健康ギアの製造・販売を手掛ける「コラントッテ」(大阪市中央区)社製の青山学院大学陸上競技部(長距離ブロック)オリジナルモデルだ。


関連記事:池田エライザとの半同棲報道のYouTuber 無関係の相方に思わぬ被害が…

 

■選手からはパフォーマンス向上の声が

コラントッテ社と青山学院大学陸上競技部は、2019年1月1日からアドバイザリー契約を結んでいる。このネックレスを実際に使っている選手からは「翌日の疲れが取れやすくなった」や「パフォーマンスが向上した」といった声が寄せられているという。

同社広報担当によると、筋肉疲労解消を目的に使用している選手が多いとのことだ。

次ページ
■ユニークな社名の由来

この記事の画像(4枚)