収録現場での新型コロナ対策 ミッツが驚かされた年配スタッフのひと言

著名人の感染も相次いでいる、新型コロナウイルス。多くの現場では入念な対策が取られているそうだが、ミッツが一緒に仕事をしたある年配のスタッフは…

テレビ

2021/01/05 16:35

ミッツ・マングローブ
(写真提供:JP News)

新型コロナウイルスの感染が急拡大し、芸能界からも感染者が相次いでいる。5日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、ミッツ・マングローブが、収録現場においても人によって感染症対策への意識に大きな差があると感じていると明かした。



 

■年末特番での感染症対策に指摘も

著名人の感染報道が相次いでいることを受けて、坂上忍は「芸人さん・タレントさんの場合は、コロナ禍と言えども、年末は特番の収録とかでお忙しかったでしょうから…」とつぶやく。

出演者の人数も多くなり、「お祭り騒ぎ」となる年末特番については、感染症対策について懸念の声も上がっていたという。


関連記事:『スッキリ』劇場クラスター、観客のありえない行動の数々に騒然

 

■年配スタッフの言葉に驚き…

ミッツは「私ひとつびっくりしちゃったのが、すごい年配のスタッフさんでね、別の局なんですけど、『私もフェイスシールドしてやったほうがいいですか?』と聞いたら、『いや、あくまで対策してますっていうことであれなんで』ってポロっという方も中にはいる」と明かす。

ミッツは、「そのへんの心持ちも千差万別」「その意識とも今後どうやって共存していくか」とも訴えた。

次ページ
■意識の違いとどう向き合うか