30代女性の3割が「新型コロナで家族の絆」 外出自粛で一緒にいる時間が増え

新型コロナウイルスの流行で、家にいる時間が多くなった。家族が一緒にいるために、絆が深まったパターンも。

ライフ

2021/01/07 07:00

新型コロナウイルスの流行により、外出できないもどかしい日々が続いている。しかし家族がそろう時間が増えることにより、絆が深まったケースもあるようだ。


画像をもっと見る

 

■4人に1人が「新型コロナで家族の絆が深まる」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の24.4%が「コロナ禍で家族との絆が深まった」と回答した。

コロナ禍で家族との絆が深まったグラフ


関連記事:10代男女の6割がコロナ前より家族と過ごす時間増 ときには喧嘩も…

 

■顔を合わせる時間が増えて

性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

コロナ禍で家族との絆が深まった性年代別グラフ

家族で一緒にいる時間が増えたために、絆が深まったと考える人も多いようだ。

「子供の学校が休校になり、夫の仕事もテレワークが多くなった。家族が顔を合わせる時間が増えて、これまでよりも絆が深まったのは、コロナ禍で唯一よかったことだと思う」(30代・女性)


「家族がそろっているのにどこに行くこともできず、最初はみんなストレスをためていた。しかしだんだんと家での時間を楽しむようになり、家庭内の雰囲気がよくなった」(40代・女性)

次ページ
■一緒にいすぎて険悪に

この記事の画像(3枚)