「K−POPのNo.1を目指したい」 日韓合同グループ・ΣSIGMAがライブ後に語った目標

日韓合同アイドルグループ・ΣSIGMAが、デビュー曲「HIGHER」のリリース記念イベントを開催。イベントに突撃し、本人にグループの魅力を聞いてきた。

インタビュー

2021/01/07 06:30

音楽チャートの上位に食い込み、日本でも絶大な人気を誇る「K-POP」。

そのジャンルで新たに勝負を挑む、日本と韓国の合同グループ・ΣSIGMA(シグマ)が、1月26日にシングル「HIGHER」を引っさげて日韓同時デビューをする。

それに先駆けて、4日にはリリースを記念したライブイベントを実施。イベント終了後彼らに直撃し、最新曲やグループの魅力について聞いてきた。


画像をもっと見る

 

■実力派メンバーが集結

ΣSIGMAは、リーダーのZ-UK(ジウク)を中心に、SHUN(シュン)、CHANHYO(チャンヒョ)、R.Y.U(リュウ)の4人で構成されている。なおZ-UKとSHUNは、それぞれ過去にグループ活動を経験しており、その実力は本物だ。

Z-UK
(Z-UK)

Z-UK:ΣSIGMAのリーダーのZ-UKです。K-POPアイドルグループ「BIGFLO」のメンバーとして、「KCON」や音楽イベントに出演したり、日本で全国ツアーを行ったり、世界各国で活動してきました。


その後、ソロデビューをして韓国だけではなく日本やアジアにも活動の幅を広げてきました。ΣSIGMAではリーダー兼音楽プロデューサーとして作詞・作曲、振付そしてラップを担当しています。現在はデビューに向けたプロモーション活動の他、次回の楽曲やパフォーマンスの準備をしています。


SHUN
(SHUN)

SHUN:ΣSIGMAでラップ、ダンスを担当してるSHUNです! 2015年にダンスボーカルグループ「SELLOUT」のメンバーとしてデビューしました。リリースしたCD全てがオリコンデイリーTOP3入りする程多くの皆さんに応援して頂きましたが、2019年11月の「マイナビBLITZ赤坂」でのワンマンライブを最後に活動を休止しました。


世界で注目されるK-POPのジャンルは今回初挑戦となりますが、日本や韓国だけではなくグローバルアーティストとして世界で活動する事を目標に頑張ります。


関連記事:ヴォーカルユニット・ANFiNY 11月25日にメジャーデビューが決定

 

■オーディションを合格した二人

そして、CHANHYOとR.Y.Uは日韓オーディション『SIGMA PROJECT』にてメンバー入りを果たしており、これからの活躍が期待されている二人である。

CHANHYO
(CHANHYO)

CHANHYO:ΣSIGMAでボーカルを担当してるCHANHYOです。シンガーソングライターへの憧れがあり、音楽の専門的な勉強をするため日本に音楽留学しました。学生時代には多数のイベントで歌い、テレビ出演させて頂いた経験もあります。


卒業する頃に『SIGMA PROJECT』のオーディションに合格し、ΣSIGMAに加入することになりました。厳しい音楽の世界でまだまだ学ぶべき事がありますが、ひとつの枠にとらわれず、多方面で活動できるアーティストを目指して頑張っていきます。


R.Y.U
(R.Y.U)

R.Y.U:ΣSIGMAの末っ子(マンネ)R.Y.Uです。ΣSIGMAが結成される前は、K-POPアイドルに憧れるごく普通の学生でした。昨年『SIGMA PROJECT』のオーディションの参加を決意し、その中で歌手やダンサーを目指す仲間に感化されて、「このまま夢や憧れで終わらせたくない」という気持ちが強くなりました。


僕は今ΣSIGMAのボーカルとして、夢に向かって一歩ずつ進んでいます。経験豊富なメンバーから多くを吸収してK-POPのNo.1を目指します。

次ページ
■ファンの存在に感謝

この記事の画像(14枚)