『スラムダンク』のアニメ映画化が決定 制作は東映アニメーション

人気漫画『SLAM DUNK』のアニメ映画化が決定。ファンからは喜びの声があがった。

エンタメ

2021/01/07 14:35

SLAM DUNK映画化

7日、人気漫画『SLAM DUNK』の作者・井上雄彦氏が同作のアニメ映画化を発表。ファンからは喜びの声があがった。



 

■『SLAM DUNK』の映画化が決定

井上氏は自身のツイッターで、「スラムダンク 映画になります!」と添え、手書きしたイラストを投稿した。

『SLAM DUNK』は週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されていた人気バスケットボール漫画であり、これまでにもアニメ化や、劇場版アニメ映画化が多数展開されていた。


関連記事:キングコング西野、映画版『プペル』にコロナ打ち破る秘訣込める

 

■東映アニメーションが制作

当初、井上氏が投稿した際には、「映画になります」とだけ記載されていたため、アニメ映画化なのか、実写映画化なのかわからず、アニメ映画化を熱望するファンからは「いったいどっちなんだ…」といった戸惑いの声が相次いだ。

その投稿から数分後、東映アニメーションが運営する映画『SLAM DUNK』の公式ツイッターがディザーサイトのURLとともにツイートしたことで、アニメ映画化が判明した。

ちなみに、東映アニメーションは近年の映画版『ONE PIECE』シリーズや、映画版『ドラゴンボール超』シリーズを手掛けたことで知られている。

■ファンからは喜びの声

今回の発表に際し、「スラムダンク」「SlamDunkmovie」「井上雄彦氏」「東映アニメーション」など、関連ワードが次々とツイッターでトレンド入りを果たした。

またツイッター上では「スラダンの映画化めちゃくちゃ嬉しい!」「アニメ映画化とか最高すぎる」「本当にありがとう…」といった映画化を喜ぶファンからの声も多数寄せられている。

・合わせて読みたい→『鬼滅の刃』ついに作者も映画を鑑賞 大興奮でもブレない気遣いが話題に

(文/しらべぇ編集部・北田力也

この記事の画像(1枚)