高須院長、「癌手術待機中なう」と顔写真を投稿 回復を祈る声が続々

高須クリニックの高須克弥院長がツイッター上に「暗闇の中で癌手術待機中なう」という投稿をして応援の声が集まる

エンタメ

2021/01/07 16:30

高須克弥

高須クリニックの高須克弥院長が、自身の公式ツイッターを更新。がん手術の待機中であることを明かし、応援の声が続々と寄せられている。



 

■「癌手術待機中なう」とツイート

かねてより全身がんであることを公表している高須院長は7日、「滅菌したスマホを握りしめてトリアージ癌手術待機中なう」「暗闇の中で癌手術待機中なう」と連投し、顔のアップショットを添えている。

ベッドに横たわっていると思われる院長だが、その表情は目力が強く、パワフルな印象。自身の手術前の様子を実況する気丈な様子に、「いいね」などの反響が多く集まっている。


関連記事:高須院長、心配コメントに感謝 「体力回復したら新しいがん手術に挑戦」

 

■賑やかな絵文字が飛び交う

昨年末には、「年が開けたら挑戦的癌治療をして勝利を目指すぜ。びっくりさせたる」とツイートしたこともある高須院長。

まさにこれから手術、という状況でのつぶやきに、ファンからは「手術の成功をお祈りします」「頑張ってください」などの声が殺到しており、「パワーを送ります」といったコメントも複数書き込まれていた。

シリアスな投稿にも関わらず、キスマークやハートマーク、Vサインや力こぶなどの賑やかな絵文字が飛び交っており、院長のキャラクターが「好きです」といったラブコールも見受けられた。

次ページ
■日本で一番身体中を切り刻んだ人間?