「愛する飼い主を守りたい」 命がけで救い死んだ犬に称賛の声

ある小型犬が、飼い主に危険が迫っていることを察知。勇気ある行動で見事に救い、天国に旅立った。

2021/01/10 16:30


 

■重傷を負った愛犬

ジェシーをくわえたまま逃げた狼は、途中でぐったりしたジェシーを地面に落とし、そのまま森の中に逃げ込んだ。

狼の襲撃から、約20分。少年の両親らは血まみれのジェシーを発見し衝撃を受けたが、その時点ではまだ生きていたため、獣医のもとへ急ぐことにした。しかしジェシーが負った傷はあまりにも深く、治療を受ける前に息を引き取ってしまった。

ジェシーが狼に突進する様子は、付近に設置された監視カメラがとらえていた。その姿を、多くのメディアが紹介。健気なジェシーに胸を打たれた人たちが涙している。


関連記事:三浦春馬さん、『コンフィデンスマン』に登場 SNSでは涙するファンも

 

■称賛の声が噴出

ジェシーの最期につき報じられるなり、多くの人々がその勇気と愛を称賛。「本当にかわいそうなジェシー」「勇気と思いやりに感動した」というコメントが、インターネットに多数書き込まれている。

犬は飼い主とその家族を愛し、時には命がけで守ろうとすることがある。悪質な動物虐待のニュースが絶えないが、飼い主に対する犬の愛情はひたすら純粋で深い。

・合わせて読みたい→2歳女児が犬に腕を食いちぎられる 違法ブリーダーの祖母を立ち入り調査

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

ペット愛情飼い主監視カメラ勇気犠牲身代わり翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング