コロナ禍の犯罪は「マスクがあるから余裕」 調子に乗った元警備員をスピード逮捕

新型コロナウイルスの感染が拡大し、仕事を失った男。生活に困った末にスリ行為に走ったが、あっという間に逮捕された。

社会

2021/01/10 17:00


 

■スピード逮捕に成功

コロナ禍でほとんどの人がマスクを着用するようになったため、警察も「容疑者の特定は困難かもしれない」と考えた。しかし監視カメラの映像を確認したところ、男の姿がしっかりと映っていたという。

男はマスクによる肌荒れのせいか顔が痒くなったとみられ、マスクを一瞬あごにずらし、掻きむしっていた。警察はその瞬間をとらえた映像から男の顔を確認し、犯行からわずか1週間後に逮捕に成功した。


関連記事:前科ある男性に窃盗の疑いをかけ襲撃 リンチ殺人容疑で男4名を逮捕

 

■新型コロナ失業の悩みは大きく

しらべぇ編集部が全国10〜60代の有職者の男女827名を対象に調査した結果、全体の19.2%が「新型コロナウイルスの影響で失業の可能性がある」と回答した。

新型コロナウイルスの影響で失業の可能性があるグラフ

実際に、仕事を失った人や収入減に悩んでいる人も多い。

失業したせいで生活が苦しい、家賃が払えない、求職も思うようにできないなど行き詰まっている人は、まずは自治体の支援機関に相談することをお勧めしたい。

・合わせて読みたい→新型コロナ死した女性の遺体を強姦 遺体安置所に侵入男が3年の服役へ

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代有職者の男女827名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)