高額宝くじがキャリーオーバーで500億円超に 9月から当選者現れず

キャリーオーバー(繰り越し)で一等賞金がとてつもない額になっている、宝くじ好きなら、そう聞いてワクワクするのは当然だ。

社会

2021/01/11 19:00


 

■1,560億円を独り占めした例も

アメリカでは2016年1月、「パワーボール」の数字を選ぶ宝くじで15億8600万ドル(現在の為替相場では約1,650億円)もの高額ジャックポットが出た。当選者が3人いたため、賞金は3等分されたという。

続いて2019年には、再び15億ドル(約1,560億円)ものジャックポットが。そのときは、サウスカロライナ州在住のたった1名の当選者が、賞金を独り占めしたと報じられている。


関連記事:スイッチ買えず悲鳴続出 「転売ヤーから買うしかないのか…」と嘆く声も

 

■受け取りは一括か分割か

アメリカの宝くじの当選金の受け取り方法は、一括と30年ほどの分割の2種類。一括を選ぶと6割ほどが税金として引かれるが、多くが一括を選び、その理由は「高齢者が多いから」とされてきた。

しかし昨年3月には、史上3番目の高額となる7億6,800万ドル(約800億円)のジャックポットを24歳の男性が当てた。税金を引かれ、一括で約360億円を受け取った彼は、「人生おかしくなる」と別の意味で騒がれてしまった。

・合わせて読みたい→シャープ中の人、世間が忘れつつあった希少マスクに当選 「申し上げにくい…」

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ