裕福な家庭の15歳少年が50歳母を自宅で殴殺 犯行動機は一切不明

その時、少年の心は何に支配されていたのだろうか。苛立ちや怒りだけではあるまい。

社会

2021/01/12 11:00

怒る少年
(Serghei Turcanu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

多感な時期にある少年は、家族に対して寡黙になったり、喧嘩が多くなる傾向にある。それでも生み育ててくれた母親のことは強く信頼し、心の拠り所にしているはずだが…。

理解に苦しむような殺人事件が起きたことを、米国の『The Dallas Morning News』『NBC News/DFW』などが報じた。



 

 

■父親の留守中に自宅で…

3日の午前1時頃、米国・テキサス州コリン郡のマッキニー市でステイシー・エレン・バーニーさんという女性が、ドネルソン通り沿いにある自宅で不審死を遂げた。

通報者は、外出先から戻り異変に気付いた夫。「妻が死んでいる。殺されたかもしれない。すぐに来てほしい」と、マッキニー警察に助けを求めたという。


関連記事:出会い系で見つけた男性との同性愛不倫から妻に高額保険金かけ殺害 夫に実刑判決

 

■不審者の犯行ではなかった

現場に急行した警察は、自宅内外に設置された監視カメラの映像を確認した。不審者が侵入してステイシーさんを襲った可能性が考えられたものの、そうした形跡はなく、15歳の実の息子に激しい暴力を受けていたことが判明した。

息子は逃走中に身柄を取り押さえられたが、犯行動機についてはまだ何も語られていないという。

次ページ
■豪邸暮らしの裕福な家庭

この記事の画像(2枚)