「コスパ最強」サンドイッチ専門店のボリュームに驚愕 セブン商品と比較してみた

西日暮里にある人気のサンドイッチ専門店。メニューのボリュームがとんでもなかった。

グルメ

2021/01/12 07:20


 

■ほんのり甘くふわふわの「たまご」

ポポー たまごサンド

気になるのはそのお味。ポポー「たまご」はシンプルでほんのり甘いふわふわのたまごがクセになる。非常にクリーミーで、食感も絶妙。まったく飽きがこない印象だ。

たまごサンド

アップで見るとたまごが入っていない部分があるが、それ以上に中心部がボリューミーで、食べごたえは抜群だ。

セブン たまごサンド

一応、セブン-イレブンの「たまごサンド」のアップも撮ってみた。ネットで噂のハリボテ感はまったくなく、具材が均等に詰まっていることが分かる。


関連記事:セブン、サンドイッチの「ハリボテ」を検証したら… 巧妙な盛りテクニックを発見

 

■異次元級のハムカツを食す

ポポー ハムカツ

そして、肉厚で噛みごたえのあるハムカツは塩加減がちょうどよく、とてもジューシー。

ポポー ハムカツ

アップで見ると少し空白部分が目立ったが、この分厚いハムカツをサンドすれば、挟めていない部分があるのも当然。ボリュームの凄さに感心することだろう。

セブン サンドイッチ

驚いたのはセブン-イレブンのハムカツサンド。こちらもハリボテ感はなく、しっかり奥まで具材が詰まっていて合格点だ。しかし、さらにその上をいくのが44gも重いというポポーのハムカツ。その凄まじさ(分厚さ)が分かるだろう。

200円台の値段からは、考えられないほどのボリュームとウマさを実現したポポー。どうりで行列を作ってでも食べたい人が多いワケと納得した。

・合わせて読みたい→セブンイレブンの新作サンドイッチ 具材は「ハリボテ」なのか検証したら…

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事の画像(15枚)