ヒカルがトップYouTuberになれた理由を分析 「最初は偽物だった」

トップYouTuber・ヒカルが現在について語り…

テレビ

2021/01/12 08:15

ヒカル

チャンネル登録者数420万人、総再生回数30億回を超える日本トップYouTuberのヒカル。11日放送『職業カリスマ ~YouTuberヒカルの光と影~』(TOKYO MX)ではそのヒカルに密着、彼のYouTuberとしての生き様や素顔に迫り、大きな話題を集めている。



 

◼ヒカルに密着

「ファンのほとんどが、僕の生き様が気になって面白いと思っている。YouTubeを通じて壮大なストーリーを動画として残している。その最終がどこに向かうのか、それが気になっていると思う」とヒカルは力説。

自分は何者かとの問いには「カリスマですかね」と答え、番組はスタートした。


関連記事:YouTuberヒカル、偽善批判も意に介さず堂々宣言 「募金で売名しお金儲け」

 

◼YouTuberとしての活躍

「人気者になりたかった。影響力がほしかった」ヒカルが選んだ職業がYouTuber。番組ではYouTube撮影の裏側に密着、現在に至るまでの本音・秘話をヒカルが明かしていく。

番組後半、ヒカルがYouTube撮影でゆかりのある人々のもとを訪れ思い出話に花を咲かせる。そのなかで、スタッフやYouTuber仲間、動画にも何度も登場しているゲーム&カードショップ・遊楽舎ヒカル店の店長がヒカルについて語った。

次ページ
◼周囲のヒカル評は?