さまぁ~ず、三四郎・小宮浩信のファンとの接し方に苦言 「ファン減らない?」

三四郎・小宮浩信がファンとの関係性を明かし…

テレビ

2021/01/12 10:15

さまぁ〜ず

11日深夜放送『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)に三四郎・小宮浩信と相田周二が登場。ファンとの接し方を赤裸々に明かし、さまぁ~ず・三村マサカズと大竹一樹から驚きの声が漏れた。



 

◼同じ東京芸人でも…

さまぁ~ずに聞きたいテーマをゲストが提案しトークを展開する同番組。「東京芸人に比べて地方芸人にはハングリーさがある」との話題から、同じ東京芸人でも、成城学園出身のお坊ちゃま芸人である三四郎とは違うとさまぁ~ずは主張する。

番組でウケなくても気にしないという相田に驚きつつ、自分達には「(三四郎にはない)泥臭さがある」と解説した。


関連記事:三四郎・小宮浩信、家が裕福ゆえに起きた学生時代の悲哀を回顧

 

◼芸人になった理由

大竹は「お笑いは1番人気のない職業だった。モテるモテないとか、金になるとかなかった」と振り返ると、小宮から「モテたいと思って事務所に入ったのでは?」と質問が飛ぶ。

これに大竹は「笑いがほしいから(芸人になった)」と即答し、三村も「芸人になる前からモテてた」と反論。小宮は「めちゃくちゃ僕がちっぽけじゃないですか」と苦笑した。

次ページ
◼小宮はモテたい