昔なつかしいルーレット式おみくじ器が話題 人気の秘密をメーカーに聞いた

多くの喫茶店に置いてあった昔なつかしいおみくじ器が大人気。その歴史等をメーカーに直撃。

話題

2021/01/12 18:00


 

■なかなか回せなかった世代も

喫茶店のコーヒー1杯100円の時代から、おみくじの料金もずっと同額。そのため、特に50代以上の世代ではなかなか回すことができず、親に頼んでも断られた経験を持つ人たちが多い。

そのため購入者からは、「大人になった今、やっと回せるとようになってうれしい」といった声が多くあがっているという。

また、ラーメン店店主からは「うちでは大吉が出たらギョーザをサービスしているため、常連さんが楽しんで毎回おみくじを引いている。結果として売上が30%アップした」といった喜びの声も。


関連記事:通常の約3倍サイズの「ねるねるねるね」登場 デカイだけじゃなくて…

 

■市の通販サイトで人気ナンバーワン

滝沢市の公式ネットショップ「チャグまるしぇ滝沢」でも販売されており、12日現在サイト上で人気ナンバーワンとなっている。また、滝沢市のふるさと納税返礼品にもなっており、ふるさと納税サイトでは人気ランキング第3位につけている。

同市のふるさと納税担当者は、「話題となって市内の業者が潤い、また市の税収アップにつながることはうれしい限り」と述べた。

・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、息子は「はずれくじ」発言がネットで波紋 批判の声も

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(2枚)