ズボンをはかずにZoomインタビュー 配信中にバレて赤っ恥をかいた市長

Zoomを開始する前、スマートフォンに自身の顔がアップになるかを、しっかりと確認した市長。しかし、それ以外の"映り込み"には気づかなかったようだ。

話題

2021/01/13 10:00

下着でリモート
(Victoria Gnatiuk/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

現在、世界の多くの人たちが行っているテレワーク。政治家も例外ではなく、不要不急の外出をできる限り避け、Zoomなどを使用して会議や取材に応じている。

そんななか、微笑ましいアクシデントの話題が英国のメディア『Metro』や『THE WORLD NEWS/GREAT BRITAIN』から伝えられた。



 

■ZOOMで赤っ恥をかく

ベルギー・アントワープ市のバルト・デ・ウェーフェル(Bart de Wever)市長が、スマートフォンでZoomを利用し、自宅の書斎から大手メディア『Radio 2』のインタビューに応じた。

ところが市長は、ある姿を晒して赤っ恥をかいてしまった。デスクの背後のやや離れた位置に大きな鏡があることを忘れていたのか、それともラジオ局とのインタビューだと聞き、「音声のみが使用される」と思ってしまったのか…。


関連記事:引退試合から46年の長嶋茂雄氏 現在でも根強い人気が明らかに

 

■鏡に映っていたのは…

ダークグリーンのギンガムチェックのシャツが、小粋だったその日の市長。しかしズボンを穿いておらず、トランクスから素足がニョキッと出ている様子が、鏡に映っていた。

女性のラジオパーソナリティーは、「市長、本日はとても素敵なシャツを着ていらっしゃいますね。アプリで皆さんが『ご覧になっている』ので、お洒落されたのでしょう。そして…その下は何かを穿いていらっしゃるのでしょうか?」と、やんわりと指摘する展開になった。

次ページ
■「ああ、気づかなかった…」

この記事の画像(2枚)