子供が機内で前方の座席をキック 叱らない母親にキレた乗客がパンチで制裁

飛行機で移動中、後ろの子供たちに座席を蹴られ苛立ったある女。その怒りの矛先は、子供たちに注意しない母親に向けられた。

社会

2021/01/13 09:30


 

■女の言い分

「『座席を蹴るのをやめるよう子供たちに言ってよ』と伝えたのに無視されたの」と女は述べ、「あの母親が肩を殴ってきたから殴り返したわ」とも話したという。しかし母親が手を出す瞬間を見た人はひとりもいないため、女の言い分が事実かは明らかになっていない。

この件で女は起訴されたが、身柄確保から数時間後には保釈金を支払い解放された。


関連記事:親権を奪われることを恐れて血迷った女 幼い実子3人を殺害し身柄確保へ

 

■親が注意すればイライラしない?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,477名を対象に調査した結果、全体の61.3%が「公共の場で子供がうるさくしていても、親が注意していたらイライラはしない」と回答した。

子供が騒いでいても親が注意したらイライラしない

小さな子供は、なかなか言うことを聞かない。それが分かるからこそ親の態度と努力しだいでは「理解しよう」という気にもなるが、人に迷惑をかけている子供を放置する親には、やはり腹が立つ。

インターネットには「この女のしたことは確かに悪いが、気持ちは十分に理解できる」「放置した母親が怠惰だ」というコメントが噴出。殴られた母親を擁護するコメントは多くなかった。

・合わせて読みたい→母親と喧嘩しアパートで6時間立てこもり 50代女の身柄を確保

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1477名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)