四千頭身・都築の悲しすぎる未来予想図に反響 「3年後の第7世代は…」

現在、大ブレーク中の四千頭身。『ロンハー』で数年後の未来を予想したら、都築拓紀だけネガティブな答えが…

テレビ

2021/01/13 12:00

四千頭身

12日深夜の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、芸人が自分たちの未来を語る『芸人未来予想図』を放送。お笑い第7世代の大人気トリオ・四千頭身の都築拓紀、後藤拓実、石橋遼大が未来を語り、大きな反響を呼んでいる。



 

◼四千頭身の未来予想

3、5、10年後の「理想と現実」を語っていく同企画。デビューわずか4年でブレークした23歳の後藤は、現在の勢いを保ったまま夢のある未来を描いていく。

3年後には「ネタ中に舞台袖に芸人が集まる。『M−1グランプリ』(同系)のファイナリストになる。最近引っ越したタワーマンションより、もっと上層階に住んでいる」と芸人として順調にステップアップしていると言及。石橋も「しっかり第7世代から巣立って『M−1』のファイナリストになっている」と明るい未来を語った。


関連記事:四千頭身・後藤、オラつきだして先輩芸人をビビらせる 「マジでイキってる」

 

◼都築はネガティブ

しかし都築だけは違い、「自分たちのキャラや芸風に限界がきて、テレビやメディアの露出が減る。深夜にレギュラー番組が始まるも1クールで終わる。それにより俳優やミュージシャンの友達にも距離を置かれる」とネガティブに。

「この2年でいろいろ出させてもらって、2年の回転数って早いって気づいた。3年後は1周しきっちゃう。第7世代っていう言葉も薄れて、つらい時期が来る」と指摘し、後藤らのポジティブすぎる未来予想図を斬り捨てた。

次ページ
◼今から5年後は?