『ZIP』時短営業の影響で「夕食難民」が続出? ネット上では様々な声が

時短営業の影響により、「夕食難民」が続出。視聴者からは賛否の声が…

テレビ

2021/01/13 13:15


 

■夕食難民のリアルな声は…

番組では、実際に夕食難民になったという20代男性への取材VTRも放送された。

自宅周辺の飲食店街はどこも営業しておらず、スーパーで惣菜と弁当を購入する男性。弁当を食べた際の感想として「おいしいです。でもちょっと冷めてる感じが…」と漏らしていた。

また男性は、宅配の利用について聞かれると「お店でテイクアウトしたほうが安いので、あまりしたくない」とし、自炊については「忙しかったり、疲れが溜まってたりするので、自炊はできてない」と切実な声をこぼしていた。


関連記事:緊急事態宣言の直撃受けたカラオケ館 突然の料金0円キャンペーンが話題に

 

■ネット上では様々な声

夕食難民問題について、ツイッター上では「一斉に時短営業になるとこういう問題も起きてくるのか…」「確かに、20時以降飲食店街どこも電気ついてないもんね」など、多くの反響が。

「めっちゃわかる…仕事終わりは何もやる気起きないから外食に頼りたくなるよね」「マジで20時以降どこもお店やってないから何食べたら良いかわからない」と、男性に共感する声が目立つ一方で、「別に外食だけが夕食じゃないし、自炊すればいいじゃん」「スーパーの弁当もじゅうぶんおいしいし、失礼な気もする…」など、様々な意見がつぶやかれている。

・合わせて読みたい→人気弁当店の店主が緊急事態宣言に物申す 24時間営業を続ける想いを直撃

(文/しらべぇ編集部・北田力也