KDDIが新プランpovoを発表 「大手3社で共通するデメリット」に不満の声も

KDDIが13日に新料金プランを発表。月額料金2,480円と大手3社でもっとも安いが…

話題

2021/01/13 16:30

au

KDDIは13日、auのオンライン専用の新料金プラン「povo(ポヴォ)」を3月から提供することを発表。ツイッター上で反響が相次いでいる。



 

■月額2480円で追加トッピングも

基本使用料は月額2,480円で、月間データ容量は20GB。手続きはオンライン上で行なう。

最大の特徴は、自由に選択可能な「追加トッピング」で、200円の追加料金で申し込みから24時間データ通信が使い放題になったり、月額500円で5分間まで国内通話が無料になったりするとのこと。


関連記事:ソフトバンクが低価格の新ブランド発表 ドコモ「ahamo」と比較する声も

 

■大手3社と価格を比較すると…

月間データ容量20GBは大手3社とも共通だが、月額料金が異なる。NTTドコモが昨年12月に発表した新プラン「ahamo(アハモ)」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」はともに月額2,980円のため、「povo」が500円安いことになる。

5分間の国内通話無料は「ahamo」「SoftBank on LINE」には含まれているため、「povo」にトッピングを追加した場合は同額になるが、通話を使わないユーザーにとっては500円安いのは嬉しいはず。

次ページ
■それぞれの特徴は…