厳しい寒さで家にこもりがち… 意外と多い「冬になると気持ちが沈む」

寒さに気持ち沈む人も多い冬。なんとか乗り切りたいけれど…

ライフ

2021/01/14 11:30

気分が落ち込む女性
(paulaphoto/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

1月に入り、全国的に冷え込みが厳しい日が多くなっている。とくに北日本では最高気温が0℃を下回る真冬日が続き、生活に支障が出ることも。

また、北陸地方を中心とした日本海側では歴史的な大雪に見舞われ、交通障害なども発生。そんな冬の厳しさに、気持ちが沈んでしまう人もいるようだ。


画像をもっと見る

 

■3割が「冬は気持ちが沈む」

人の心まで冷えこませてしまう冬。しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女3,140名に実施した調査では、30.6%が「冬は気持ちが沈む」と回答している。

寒さに落ち込んでしまう人は、一定数存在しているのだ。


関連記事:10代女性の6割がコロナ禍のハロウィンを懸念 「集まらないで」の声も

 

■男女で意識に差

「冬は気持ちが沈む」と答えた人を男女別に見ると傾向が出た。

女性では20代を除く各年代で3割を超え、最も高い割合となったのは60代女性で36.0%。また、男性では20代男性も34.7%。活動的な世代も、寒さに「やられてしまう」人が少なくない。

次ページ
■地域別で見ると…

この記事の画像(4枚)