ワークマンの防寒ジャンパーが価格をゆうに超える暖かさ 家での使用も最高

ワークマンの裏地が派手な防寒ジャンパーの実力が凄かった。自宅での使用もいいかも?

グッズ

2021/01/14 06:30


 

■数分でわかる暖かさ

実際に着用してみるとこのような感じ。裏地はギンギラギンだが、見た目は至って普通のジャンパーだろう。生地自体もかなり軽くて柔らかいため、着心地は良い。

そして、数分着てみて最も感じたことは…「これ、かなり暖かいぞ」。

明らかに内側からポカポカとした暖かさが広がっているのだ。また、屋外で使用してみるとより暖かさを実感でき、少し歩いてみると保温性の高さからか若干の「蒸れ」すら感じるレベル。これで価格が3千円を切っているというのだから驚きだ。

しかし少し気になったのは、左腕部分に収納のポケットがあるのはまだいいのだが、ペン差しがついていること。便利な反面「作業着感」が出ているのも否めない。


関連記事:ワークマンは東京の中心部に店舗がない? 気になるその理由を聞いてみると…

 

■家での使用もいいのでは

外出時に活躍するのは言わずもがなだが、先述の通り「軽い」「柔らかい」「暖かい」が揃っているため、「在宅ワークでも使えそう…」と思い浮かぶ。

というのも、記者はあまり暖房を使わず着込んで寒さを凌ぐタイプなのだが、世間には「暖房費がもったいない」「空気の乾燥が嫌だ」等の理由から同じスタイルの人も多いはず。

そこで、試しに暖房オフの状態でジャンパーを1時間ほど使用してみた結果…めっちゃ最高。当然、部屋着と比べるとややごわつくが、着込まなくていいことを考えるとストレスはほぼないに等しい。また、暖かさも申し分なく、むしろ熱がこもってしまいチャックを開けてしまったくらいだ。

ただ、屋外で使用したものを家で使うのは衛生面で良くないだろう。価格もそれほど高くないため、2着用意し家と外で使い分けるのもアリかもしれない。

・合わせて読みたい→夏の気になる汗染みはこれで解決 ワークマンの高機能Tシャツが最高だった

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(11枚)