50代女性の7割が「不倫をイジる風潮は理解不能」 芸能人にも倫理を求める時代

不倫問題を起こした芸能人が、テレビでネタにしていることがある。視聴者にとっては、あまりおもしろくないようだ。

エンタメ

2021/01/15 10:40

不倫問題を起こした芸能人が、テレビで笑い話にしていることがある。芸人に多い風潮だが、その行為に不快感を持つ人もいるようだ。


画像をもっと見る

 

■「不倫をイジる風潮は理解不能」6割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の56.3%が「芸能人の不倫をイジって笑いにする風潮が理解できない」と回答した。

芸能人の不倫をイジって笑いにする風潮が理解できないグラフ


関連記事:50代女性の6割が「芸能人となら不倫もアリ」 モテるから仕方ないとの声も

 

■テレビに出るだけでも不快なのに

性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

芸能人の不倫をイジって笑いにする風潮が理解できない性年代別グラフ

不倫問題を起こした人が、テレビに出続けること自体があり得ないとの意見も。

「不倫で問題になってイメージを下げたような人が、またテレビに出続けていること自体が信じられない。しかもやった不倫をネタにされても、こちらはまったく笑えない」(40代・女性)


「不倫で痛い目に遭ったのであれば、せめて反省してほしい。開き直って自分の不倫を笑いにするのは、一般的な感覚とかなりずれていて嫌な気持ちになってくる」(30代・女性)

次ページ
■時代の変化により

この記事の画像(3枚)