SNSで女性ファンに「つま先なめたら10万円やる」 品格ゼロのラッパーに批判続出

海外セレブは、予想外の投稿や写真でたびたび世間を呆れさせる。批判もあるが、「その面白さゆえ憎めない」と言う人も多い。

2021/01/16 10:30

セレブのSNS
(DjelicS/Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ラッパーのリル・ブーシー(Lil Boosie)が、インスタグラムで女性フォロワーに対し、とんでもないことと引き換えに金銭を与えると持ち掛け、批判が続出している。『THE WORLD NEWS』や『News Nation Global』が報じた。



 

 

■人気ラッパーの乱行

アメリカ出身のラッパー、リル・ブーシーは現在38歳。2010年発売の3枚目のアルバム『Incarcerated』が、全米ビルボード200で初登場13位という輝かしい経歴もある。

そんな彼は先日、インスタグラムに自身のつま先の写真を投稿。そこに「オレのつま先をしゃぶって吸ってくれた子にはカネやるよ」と書き添えた。その低俗さと品格の無さに、批判が続出している。


関連記事:「自称ウエスト35センチ」の23歳女性に批判殺到 証拠動画を投稿するも…

 

■「気持ち悪い」と炎上

リル・ブーシーは、ペディキュアの施術中につま先の写真を撮影していた。ある動画では、女性がそのつま先をケアしながら「彼の足の指、すごく魅力的よ」と話す姿も確認できる。

調子づいたリル・ブーシーは、「オレのつま先をなめたい女の子いる? 1,000ドル(日本円で10万円超)やるよ」と話しながら、つま先をズーム撮影。これによって「かなり気持ち悪い」「サイテーね」と女性たちを炎上させ、本人もそれに気付いたのか、動画のみ削除された。

次ページ
■過去にも同様の投稿

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

アメリカ海外セレブラッパーインスタグラムつま先ビルボード翻訳記事ペディキュア
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング