強姦され妊娠した12歳少女が出産 赤ちゃんは死亡し自身は重体に

強姦され、まだ12歳で妊娠した女の子。それを家族に伝えることもできぬまま、出産の日を迎えた。

社会

2021/01/16 14:30

吐き気がする少女
(Daisy-Daisy/Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)

顔見知りの男に強姦され、幼くして妊娠してしまった女の子。そのまま出産の日を迎えたが、生まれた赤ちゃんは亡くなり、母となった女の子の体調も極めて悪いことを、『Times of India』などが報じた。



 

 

■近所の男に騙された少女

インドのウッタラーカンド州で暮らす12歳の女の子が、近所で暮らす男(22)に声をかけられた。

「チョコレートをあげるよ」。そんな言葉に騙され近寄った女の子に男は覆いかぶさり、そのまま強姦。「誰にも言うんじゃねえぞ」「絶対にばらすな」と女の子に命じ、秘密を守ると約束させたうえで家に帰らせた。


関連記事:16歳の少女が強姦被害受け自力で出産 近所で暮らす60歳の容疑者を逮捕

 

■妊娠を秘密に

あまりにも怖い目に遭った女の子は、家族にも事実を明かすことがどうしてもできなかった。

だがそれから数ヶ月が経過すると、女の子のお腹が膨らみ始めた。強姦されたせいで、妊娠してしまった。少女がそう気づいたころ家族も体型の変化を気にし始めたが、女の子は家族に「どうしたの?」と問われても適当にごまかし、事実を告げることはなかった。

次ページ
■出産を終えた少女

この記事の画像(1枚)