ベテラン女教師がマスク着用を徹底指導 逆らう生徒4人の顔に消毒液を噴射し逮捕

日本でも話題になる自粛警察やマスク警察。行き過ぎは良くないが、自分と大事な人たちの健康と安全を守るために、大人たちはみな真剣だ。

社会

2021/01/16 15:30

消毒液スプレー
(Zyabich/Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女の高校教師が、コロナ禍におけるルールを守ろうとしない生徒4人に激怒。感情のコントロールを失ってしまったことを、アメリカのメディア『FOX 13 NEWS』や『WFLA-TV』などが報じている。



 

■注意を無視され立腹

アメリカ・フロリダ州ピネラス郡のラルゴ市で1月7日午前、ラルゴ高校で教師をしていたクリスティーナ・レゼターという51歳の女教師が逮捕された。

マスクをきちんと着用していない生徒4人に注意したところ、軽くあしらわれて腹を立て、スプレー式の消毒液を彼らの顔や体に強く吹きかけ、通報されたのだ。


関連記事:高校生が学校にうな重の出前を取ろうとして問題に 指導される可能性も

 

■ベテラン教師だった容疑者

未成年者に対する危険極まりない虐待行為があったとして、警察に逮捕されたレゼター容疑者。翌日8日には裁判所に出廷し、今回の事件の経緯や動機を詳細に語った。

同容疑者はラルゴ高校で学習障害を持つ生徒たちに数学を教えており、21年間の教師生活のうち、18年間を同校で過ごしていた。今回の騒動は終始監視カメラに収められており、「映像を見れば、私のしたことは間違っていないと理解してもらえるはずだ」と主張したという。

次ページ
■異例の保釈を認めた裁判所

この記事の画像(1枚)