牛丼チェーンど素人の美女が吉野家の門を叩く 注文と佇まいが完全に玄人だった

牛丼チェーン未経験だったかみちゃんが、とうとう「吉野家」の実食のもトライ。気になる味の方は…。

グルメ

2021/01/16 17:20

しらべぇが誇る美女グルメリポーター「かみちゃん」こと、加美杏奈ちゃん。スイカと和スイーツをこよなく愛する彼女だが、じつはチェーンの牛丼店はこれまで全くの未経験であった。

そこで「松屋」「すき家」での実食を経て、今回は牛丼の王道と名高い「吉野家」に挑んでもらうことに。


画像をもっと見る

 

■「吉野家」のイメージは…

かみちゃん

各店ごとに長所や持ち味が変わってくるのが牛丼チェーンの面白いところだが、中でも吉野家を推す人たちは、そのシンプルかつ王道な味わいに惹かれている印象がある。

人気漫画『NARUTO』の名台詞「日向は木の葉にて最強」ではないが、「吉野家は牛丼にて最強」といったところだろうか。一方で、カレーや定食など他のメニューでも人気を博している松屋やすき家と比較し、人気メニューのバランス比重が、牛丼に強く依存している印象も強い。


関連記事:吉野家、ご飯が進みまくる『月見牛とじ御膳』が帰ってくる 一部メニューは持ち帰り可能

 

■かみちゃんも完全にお手のもの

吉野家

本企画の開始当初は、松屋の券売機に苦戦する初々しさを見せたかみちゃん。しかし回を重ねるごとに牛丼に対する理解も深まっていき、今回の吉野家実食では初めてにも関わらず「ねぎ玉牛丼」という、なかなか通なメニューを選んでいる。

吉野家

さらにそこから「お新香」と「豚汁」をトッピング。「みそ汁」でなく、豚汁をチョイスしているところがナイスである。かみちゃん本人も「女の子はこういうサイドメニューがつい気になっちゃうんです(笑)」「こういう細かいメニューが重要なんです!」と力説していた。


■カスタマイズのタイミングも完璧

かみちゃん

過去の2店の牛丼と比べてもらうと、かみちゃんからは「味わいがよりしっかりしている気がします!」という感想が。

吉野家

牛丼を食べ進めつつ、途中からは紅しょうがを投入するなどし、完全に吉野家ライフを謳歌していた。

かみちゃん

かみちゃんの適応力と持ち前の好奇心を活かし、今後もかわいらしいスイーツや、牛丼のような「男のグルメ」に多数挑んでもらいたい。

・合わせて読みたい→ヒロミも所有する吉野家の特注丼 「持っていけばタダで食べられる」噂に社長が回答

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ 取材協力/加美杏奈

この記事の画像(6枚)