ご利益絶対ありそうな「恵方巻」爆誕 今年だからこそ食べるべき一本だった

東京・上野のデパート「松坂屋」で今年発売になる恵方巻が公開。その中の一つがあまりに神々しすぎた…

東京・上野にある百貨店「松坂屋上野店」は15日、同店で販売する節分向けの恵方巻商品を発表。

縁起を担いだ具材をふんだんに使った恵方巻などに加え、今年はあの「アマビエ」をモチーフにしたユニークな巻寿司も登場した。


画像をもっと見る

 

■ゲン担ぎをプッシュ!

恵方巻

「デパ地下の恵方巻でゲン担ぎ・無病息災祈願はいかがですか?」とキャッチフレーズを添えて、2月2日に、同店食品街に登場する19種もの恵方巻を公開した松坂屋上野店。

コロナ禍とあり、縁起がいいとされる穴子、エビ、カニ、昆布を巻き込んだ「古市庵」節分百福巻(1,620円)、酢飯の量より米沢牛ローストビーフのほうが量が多そうな「味の梅ばち」牛っと贅沢 米沢牛サーロイン恵方巻(7,560円)など趣向を凝らした多彩な商品が並んだ。


関連記事:ファミマの新商品『ファる巻』 買うとき恥ずかしい場合はこう言えばOK

 

■寿司職人の努力を感じる一品が…

恵方巻

そんな中、強烈なインパクトを与えていたのが「どこを食べてもアマビエ」という、合ってなさそうで合っているウリ文句で紹介されていた「タキモト」アマビエ恵方巻・金箔のせ(2,021円)。

コロナ鎮静化を願って2020年取り沙汰された伝説の妖怪「アマビエ」を、マグロやサーモン、高菜などの具材で形作っており、体のうろこや長い髪の毛も再現している。

確かにアマビエに寄せている見た目だが、言われてみないと正直わからないかもしれない…。ただ、どこかコミカルで愛らしく、乗せた金粉がさらにご利益を与えてくれそう。コロナを打破するため、職人の知恵が詰まった一本といえる。20本限定だ。

次ページ
■シウマイの恵方巻まで

この記事の画像(5枚)