チコちゃんが金縛りの仕組みを解説 全ては夢の中の出来事だった?

『チコちゃんに叱られる』で金縛りの仕組みを解説。金縛りになりやすい傾向を紹介した。

テレビ

2021/01/16 03:05

チコちゃん

15日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「金縛りってなに?」が注目を集めている。目を覚ました時、頭は起きているが、身体は動かない状態を指す金縛りだが、意外な事実がわかっているようだ。



 

■金縛りは夢の一種

チコちゃんの気になる回答は「そんな夢」という。金縛りを経験した人は多いはずだが、実は全て夢なのだという。

金縛り経験者から話を聞いた際、恐怖体験を話すことが多いのだという。しかし、金縛りにあった人たちは、「自分が起きている状態」と感じているが、実際には、眠っている時に見る「夢の一種」なのだという。


関連記事:薬丸裕英、睡眠不足で悩み 「岡江久美子さんの死も影響?」との推測も

 

■実験を実施

解説に出演した江戸川大学の睡眠研究所所長の福田一彦教授は、金縛りを人為的に起こす事件を実施。「金縛りにあった」という人は、実際にはすやすや眠っていたのだ。

学術的には、金縛りは「睡眠まひ」と呼ばれている。人が眠っている時には、深い眠りであるノンレム睡眠、浅い眠りのレム睡眠のサイクルを繰り返す。

次ページ
■金縛りが起きやすいのは…