東京五輪に「雲行きはかなり怪しい」報道が続く海外 河野大臣の発言も波紋

最後まで開催に向けて努力する姿勢を見せる必要がある日本および東京。だが「そろそろ現実に目を向けないと」という厳しい声も…。

社会

2021/01/16 14:00

オリンピック・五輪

米国の『ニューヨーク・タイムズ(New York Times)』電子版が、この新型コロナウイルスのパンデミック下で「東京2020オリンピック」が中止に追い込まれる可能性があると示唆し、話題になっている。さらに海外では、河野太郎大臣の発言が大きな注目を集めているようだ。



 

■第二次世界大戦以来初の中止か

スタジアムの建設やインフラ整備だけでも120億ドル(約1.2兆円)以上を費やしており、中止による財政的打撃は計り知れないと同情するものの、東京そして国際オリンピック委員会(IOC)の双方において、「この状況を踏まえ、日を追うごとに不確実性を増している」とするNYタイムズ紙。

同紙は、日本のNHKが行った最新の世論調査で、回答者の8割近くが「延期か中止を望んでいる」とも紹介。確かに、1万人ほどのアスリートや数万人のコーチ、大会関係者がワクチン接種を受けぬまま世界じゅうから入国することに、国民の拒否感は高い。


関連記事:ビートたけし、東京五輪の来年開催に疑問 「どうせまた延期」

 

■河野氏の発言に大きな注目

NYタイムズ紙のこの記事と併せ、今、世界のメディアが大きく取り上げているのが、河野太郎行政改革担当相による発言だ。

河野氏は14日に開かれたロイターネクスト会議で、東京五輪のこの先に関して「I should say anything is possible(あらゆる可能性があると言わなければならない)」「It could go either way(どちらの方向に進む可能性もある)」と英語で述べ、さらにプランBやプランCも検討しておかなければならない状況だと続けた。

最終的には主催国としてできる限り開催に最善を尽くす考えを示した河野氏だが、米CBS、FOXやABC系列のメディア、シンガポールの有名紙『ザ・ストレーツ・タイムズ』などが、続々と「中止の可能性を匂わせた」と報じている。

次ページ
■「彼は現実に目を向けている」

この記事の画像(1枚)