服役囚6人が手作りロープで脱獄し逃走 再逮捕されれば刑期加算は免れず

頭の中で脱獄の方法を思案し、誰と協力し合うか仲間をじっくりと見極める。そんな服役囚は多いのだろうか。

2021/01/17 08:00

脱獄
(Valentino Nobile/Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)

米国・カリフォルニア州の厳戒警備の刑務所で脱獄が発生したことを、『San Francisco CBS Local News』ほか多くのメディアが報じている。



 

■郡保安官事務所が発表

服役囚の脱獄が起きたのは、サンノゼの南東に位置するカリフォルニア州マーセド郡のダウンタウンにある郡立刑務所。

19歳から22歳までの6人の男の服役囚が脱獄し、行方を追っていることを、保安官事務所がFacebookから発表した。現在も逃走中だが、武装している可能性が極めて高いという。


関連記事:タモリ、『ゴールデンカムイ』キャラのモデルになった脱獄王にびっくり 「すごい執念」

 

■手作りのロープで屋根から…

6人の服役囚の脱獄が発覚したのは、1月10日。その後の調べで、彼らは9日深夜、手作りのロープを使用して刑務所の屋根に上り、敷地の外に出られる部分から降りたことがわかったという。

郡保安官事務所は、「逃亡した6名を一刻も早く見つけ出すよう、緊急のタスクフォース(機動部隊)を発足させた」と述べている。

次ページ
■殺人事件を起こした者も

→【Amazonタイムセール祭り】8/27(土)9:00〜 最大15%ポイントアップキャンペーン同時開催

アメリカ手作り刑務所カリフォルニア逃走受刑者脱獄ロープ翻訳記事服役囚
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング